コンビニ弁当値下げ   

このところコンビニ弁当値下げの記事がメディアで騒がれていますね。

確かに消費期限間近でも安ければ消費者には有りがたいことです。
コンビニ経営者だって値下げしてでも売れた方がいいでしょうし、、、、

そんな記事を見ていると、
骨董市で着物を売っているくろまめ君も考えさせられます。

着物ですから消費期限なんて関係ないですよね。
でもね~
仕入れた着物に適正な?価格を付けて販売していても
急に雨が降ってきたら泣きます。

雨に濡れたら消費期限どころか商品価値がなくなってしまいます。

そうならない為には濡れない前に値下げ断行!!!

この辺、コンビニ経営者と同じでしょう~?
(コンビニを統括する会社があるんだから、くろまめ経営と一緒はないでしょう)

そうか~コンビニは大きな会社組織だもんね。
社会経済に大きな影響を与えるから簡単な値下げだけの問題じゃないんだぁ~

by kuromame_akada | 2009-06-23 18:33 | 日記 | Comments(2)

Commented by sana-mama at 2009-06-23 19:15 x
小さなお弁当屋さんと違い、安易に値下げすると別の問題が発生してくるでしょうね。

例えば薄利多売を狙って、最初から大量に仕入れ、早めに損をしないギリギリの値段にしてしまうとか。

品質は本部の責任、値引き後は消費者の責任としてしまえば、各店舗はリスク無しに薄利多売で行けるだろうし。

大きな組織だからこそ、値引き販売に関しても公平なルール作りが必要なのでしょうね。
Commented by kuromame_akada at 2009-06-24 12:33
sana-mama様
弁当値下げ、なんだか尾を引きそうですね。

何でも値下げ合戦をして、
最初は消費者を喜ばせますが、最終的には消費者泣かせになるのでは…

<< 一流プロの姿勢 不快指数? >>