久々のテレビドラマ   

このところテレビの前から立てない番組が多くて困りました。

先日の土曜日は池波正太郎原作の「その男」の舞台中継で、
これは幕末から昭和を生き抜いた剣士の話です。

昨日はNHKスペシャルドラマ「気骨の判決」。
こちらは戦時中の衆議院選挙の不正を扱った実在の裁判官の話。

どちらのドラマの主人公も、矜持を持って生きた男達。
なかなか見応えありました。

そして、どちらの番組も見ていて思った事は、
ドラマとは関係なく、
幕末から昭和の終戦の日までが歴史の一区切りなのかな、と言う単純な事でした。

名付けて「帝都時代」

その時代を知らないくろまめ君はどんな矜持を持って生き抜くんでしょうかね~
月末は衆議院選挙ですが、、、、

by kuromame_akada | 2009-08-17 17:07 | 日記 | Comments(0)

<< 8月の着物茶論終了 お盆の送り火 >>