幻想桜   

今日はお花見最後の日曜日になるからでしょうか、代々木公園の桜の木の下はどこもブルーシートでシッカリ場所取りがしてありました。

(日本人の桜好きは昔からですね)

そういえば今朝のラジオは坂口安吾の作品「桜の森の満開の下」を朗読していました。
季節柄ピッタリの小説ですが、この小説は怪奇幻想作品なので、桜の下でドンちゃん騒ぎをする賑やかさとは趣が異なっています。

(くろまめさんの花見はドンちゃん騒ぎがお好きなのですよね)

いいえ~、そんな事はないですよ~~
満開の桜の下で花吹雪舞う中、楚々と歩く着物姿のくろまめ。。。なんてロマンチックなのでしょう♪

(あのー、恥ずかしいくらい小説の主人公に成り切っていませんか、、、、?)

んも~っ、桜はね、人を幻想的な気分にさせてくれるの!

(クスクス、、、、くろまめさんには似合いませんよ)


c0189683_18561323.jpgc0189683_18562853.jpg

by kuromame_akada | 2010-04-04 19:01 | 日記 | Comments(2)

Commented by オリヒメ at 2010-04-05 22:52 x
 左の緑の帯は、画面で見るととっても色味が良いです。柄は、菖蒲と芥子でしょうか・・。季節感があって好きです。
Commented by kuromame_akada at 2010-04-06 17:33
すみません…実物はもっと緑が強いです。今度実物を見て下さいね♪

<< 笑顔 客観的 >>